債務整理ほんとのところ

債務整理ほんとのところ

債務整理について理解しよう

 

 

債務整理とは一体どういう事だろう


債務整理とは、その名の通り債務を整理する方法の事です。
借金問題で苦しむ人に対する救済策で、1年間で多くの人が行っています。
ただ、その方法して有名な物は自己破産だけで、その他の方法は良く知られていませんが、実は4種類あります。
そのため、財産の全てを処分しなければいけないのではないか、日常生活に色々と支障を来してしまうのではないかと思ってなかなかその手続きをしない人もいます。
借金問題を正しく解決する為にも、債務整理について良く理解しておく必要があります。

財産を全て処分しなくても良い方法


債務整理の中でも任意整理などは借金の減額を行う方法です。
この方法は財産を残したままで借金の減額が出来、債務者はその結果に従って返済していく事になります。
最初の借入額のままでは返済できない人でも、こうして減額される事によって完済が可能です。
財産を処分する事は出来ない、なるべく今の生活を維持したいと言う人はこの方法を選ぶ事になります。

財産を殆ど処分する方法


自己破産は今自分が持っている財産を全て処分して、借金の返済に充てる方法として知られていますが実は少し違います。
全てを処分してしまっては生活を送る事が出来なくなってしまうので、最低限の生活を送れる程度の物だけは残ります。
ただ、今ある借金は全て免除されるので、もう借金問題に苦しめられる事はありません。
ただとても良い方法に見えるかもしれませんが、実際にはブラックリストに登録されたり殆どの財産を処分する事になったりと、無条件で良い方法とは言えません。
また債務整理を行う時に自己破産を選ぶ事が出来ない場合もあるので注意が必要です。


良く分からない時


債務整理自体は個人でも手続きを行う事が出来ます。
しかし素人には法的な事は良く分からないという事も少なくありません。
分からないままでは正しい手続きや交渉もできなくなってしまいます。
自分で行う自信がない時は、弁護士に相談すると良いでしょう。
またその費用を捻出する事が出来ない場合は、最初に弁護士の無料相談を利用する方法があります。
この方法であれば相談に費用が発生する事は無いので、借金問題で悩む人にも費用の点で心配する必要はありません。
ただ相談できる時間は短い時もあるので、事前に分かりやすく相談内容をまとめておく事がポイントです。

借金が膨らみ返済に苦しむなら債務整理

誰であれ借金があるなら、きちんとした形で返済したいと考えます。
誰の手も借りずに、自ら得た収入で返済したいのです。
しかし、様々な事情が積み重なって借金が増えてしまうと、返済は難しくなってしまいます。
親や兄弟から借りたお金には利息がつかない事が多いですが、消費者金融や銀行から借りたお金には利息が付くからです。
数年前から施行された法律により、お金を借りる人の立場が以前よりも保護されるようになりました。
消費者金融や銀行から借りるお金の金利が、借りた金額に応じて最大20%以下となり、昔のような高金利は許されません。
それでも、この低金利時代です。
住宅ローンは一番安い銀行で2%台でお金を貸し出している事を考えると、最大20%以下の金利が返済に大きな負担となるのは当たり前なのです。
毎月借金を返済しても元金はほとんど減らず、利息分のみの返済にしかならないようであれば、債務整理を検討すべきタイミングとなります。
一生懸命お金を返しても元金がほとんど減らないのであれば、自分の力で完済するというのは不可能に近いです。
法律事務所に相談して債務整理の手続きを進め、返済に追われる毎日を終わらせるのが最善の選択になります。
債務整理の手続きが裁判所から認可されると、一定期間はブラックリストに登録されることになります。
新たに借金できない状況になってしまいますが、実質的にはダメージはありません。
借金が膨らんでしまい、毎月の返済が金利分になっている時点で、他社から新たに借り入れることはできないからです。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ